きりんツール&ChatGPT活用: 2023年のAI技術進化と次世代ブログ運用【改稿】

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
きりんツールとChatGPT: AI技術の進化とブログ運用の新時代 | BETLIFE ビジネス・副業

近年、AI技術の進化により、多くの業務が効率化されてきています。そして、ブログなど文筆作業におけるテキストの自動生成はより身近な物になりつつあります。そんな中、”きりんツール“などのChatGPTのAIを活用したブログの運用方法は、新しいスタンダードになるかもしれません。

【広告】





ブログ運用:最新のAI技術の進化

2000年以降、AI(人工知能)はディープラーニング技術の進化により、世界的な人工知能ブームが起こっています。

人工知能自体は1950年代から現在に至るまで研究されてきたテーマであり、過去にもムーブメントを起こして、映画やドラマなどメディアの題材に取り上げられてきた歴史があります。

しかし近年のAIの盛り上がりは、過去の研究者・開発者の盛り上がり方でなく、それを手にするユーザーの盛り上がりであり、いよいよAI時代が身近に迫ってきた感があります。

近年注目されているAIモデル例
  • GPT-4: OpenAIによって開発された、大規模なトランスフォーマーベースの言語モデル。
  • BERT-large: Googleが開発した、深層双方向トランスフォーマーベースのモデル。
  • ViT (Vision Transformer): 画像分類のためのトランスフォーマーベースのモデル。
  • CLIP: OpenAIによって開発された、画像とテキストの両方を処理するモデル。
  • T5 (Text-to-Text Transfer Transformer): さまざまなNLPタスクに対応するトランスフォーマーモデル。
  • DALL·E: OpenAIによって開発された、画像生成のためのモデル。
  • AlphaFold: DeepMindによって開発された、タンパク質の3D構造を予測するモデル。
  • MuZero: DeepMindによって開発された、未知のルールを持つゲームを学習するためのモデル。
  • NeRF (Neural Radiance Fields): 3Dシーンの光学的な特性を学習するモデル。
  • Sparse Transformers: 大規模なシーケンスデータを効率的に処理するためのモデル。

AI技術の進化、とりわけ言語モデルである「ChatGPT」登場に伴い、文章を作成するブログ運用に関して、新しい技術や手法が次々と登場しています。例えば、キーワードリサーチの自動化や、読者の関心に合わせた記事の自動生成など、従来の手法とは一線を画す新しいアプローチが増えてきました。

以前であれば、自分で調べて、書いて、推敲して、装飾して作っていたブログも、現在ではそれぞれの過程でAIを使ってその労力を減らすことができます。


以下、更新内容が含まれています

今回は、ChatGPTを使ったブログ運用ツール「きりんツール」を利用しています。使用に当たって調べたその特徴と、実際の使用感などを合わせて書き綴っています。

きりんツール:他ツールの比較表

まずは、きりんツール以外のAIツールも調べ、比較できるように表にしました。手始めに、海外発のAIライティングツールから。

【海外のAIブログ等ライティングツール】

項目JasperWritesonic CopyAIFraseZyro AI Content Generator
特徴SEO最適化、長文ライティング、多言語対応マーケティングコピーライト、ブログ記事、製品説明など多岐にわたるコンテンツ作成シンプルな操作、ブログ記事、ソーシャルメディア投稿、Eメールマーケティング対応SEO最適化、SERP調査、コンテンツ分析ウェブサイトやEコマースサイト向けのコンテンツ生成
値段(月額)Creator49$(1 Seat)、Teams125$(3 Seats)、Business時価Free0$(1 Seat)、Small Team19$(1 Seat)、Enterprise500$+、Freelancer20$(1 Seat)Free0$(1 Seat)、Pro49$(5 Seats)、Team249$(20 Seats)、Growth1333$(75 Seats)、Scale4000$(200 Seat)Solo14.99$(1 Seat)、Basic44.99$(1 Seat)、Team114.99$(3 Seats)2.49$+ 2 Months Free
文字数記載なしFree10000字、有料GPT3.5 100000字(GPT-4 16667字)~Free2000字、有料無制限4000字記載なし
機能ブランドボイス、カスタムテンプレート、コンテンツ盗作チェック、ブラウザ拡張、APIアクセスブランドボイス、カスタムテンプレート、コンテンツ盗作チェック、アイデアジェネレーター、SEO最適化、多言語対応、APIアクセスブランドボイス、カスタムテンプレート、多言語対応、APIアクセス、プロンプトテンプレートSEO競合分析、SERPメトリクスの可視化ウェブサイトビルダー&ウェブホスティングにAIコンテンツジェネレーターが組み込まれている、コンテンツ作成
搭載AIGPT-4 ほかGPT-4(Free GPT3.5)GPT-4、Anthropic記載なし記載なし

【用語解説1】

ブランドボイス

ブランドボイスとは、企業のAIチャットボットや製品広告などが、一貫した「声」や「トーン」でコミュニケーションを行うことを指します。これは、文章や広告、ソーシャルメディアなど、あらゆるコンテンツにおいて、そのブランドの個性や価値観を反映させるためのものです。例えば、若者向けのファッションブランドは、カジュアルで親しみやすい口調でより身近なアプローチを試みたり、逆に高級時計ブランドは、より洗練された、専門的な言葉遣いで、格調高さを演出できます。ブランドボイスは、ブランドイメージを決定する重要な要素を作ることができます。

SERP調査

SERPは「Search Engine Results Page」の略で、検索エンジン結果ページのことを指します。SERP調査は、特定のキーワードで検索したときに表示されるページの内容を分析することです。これにより、どのようなウェブサイトが上位にランクされているか、どのようなコンテンツがユーザーに価値を提供しているかを理解できます。SERP調査を行うことで、SEO(検索エンジン最適化)戦略を立てる際に、どのキーワードを狙うべきか、どのようなコンテンツを作成すべきかを決めることができます。

APIアクセス

APIは「Application Programming Interface」の略で、異なるソフトウェア間で情報を交換するための仕組みです。APIアクセスとは、特定のサービスが提供するAPIを通じて、そのサービスの機能を他のアプリケーションから利用することを指します。例えば、TwitterのAPIを使えば、自分のウェブサイトでTwitterのデータを表示したり、ユーザーが直接ツイートを投稿できるようにすることができます。APIアクセスは、開発者が既存のサービスの機能を拡張したり、新しいアプリケーションを作る際に非常に便利です。

海外のレビューサイトで紹介されていたものを中心に、ピックアップしました。今やAIツールは大戦国時代の様相なので、ツールの数は枚挙に暇がありません。全体の特徴としてはやはり、マルチサイト対応や、他言語対応が多いという所でしょうか。

次は日本国内向け、日本語ベースのAIツールの比較です。

【国内のAIブログ等ライティングツール】

項目らいたー君AIブログくんCalliope
特徴長文ライティング、SEO対策、画像や装飾の自動挿入機能記事作成・自動投稿、SEO対策、サイト運営広告、資料作成、webサイト制作、セールスレターや記事作成100種類以上のテンプレート、AIエディターでの長文記事作成、ペルソナ指定自動記事生成&投稿、簡単設定、100記事でOpenAIのAPI使用料は500円程度
値段(月額)Freeプラン:3日間のお試しプラン(1回限定の無料記事作成)、
Liteプラン:月額5,980円(税別)10記事作成/月、
Standardプラン:月額9,800円(税別)30記事作成/月、
Proプラン:月額59,800円(税別)~45記事作成とその他サービス(要問合せ)
無料:3記事作成/月、Liteプラン:月額8200円・15記事作成/月、Starterプラン:月額16500円・50記事作成/月Freeプラン:10クレジット(プロジェクト 1つまで)、Starterプラン:月額3000~8100円(100~300クレジット)、Proプラン:月額9800円(無制限)、Enterpriseプラン:時価(無制限・独自プラン)Freeプラン:1user(GPT-3.5:5000字/月)、Personalプラン:月額3980円/1user(GPT-3.5:10万字、GPT-4:1万字)
、Standardプラン:月額9800円/3user(GPT-3.5無制限、GPT-4:10万字)、Enterpriseプラン:時価(user無制限、GPT3.5無制限、GPT-4:カスタマイズ)
スタンダードプラン:月額9900円・15記事作成/月、プレミアムプラン:月額15000円・無制限【※要確認】
文字数約8000字4,000字~8,000字約1,200〜1,500文字プランによる約3000字
機能SEO最適化、Webブラウジング機能、画像・外部リンク挿入、ロングテールキーワードに対応自動投稿機能、キーワード分析機能、画像挿入、Googleインデックス送信100種類以上の生成ツール、コピーライティング、マーケティング戦略立案SEO最適化、100種類以上のカスタムテンプレート、AIエディター、チーム機能自動投稿機能、キーワードによる記事生成、Wordpressのプラグインで提供
搭載AIGPT-3.5、GPT-4記載なしGPT-3.5-turboGPT-3.5、GPT-4ChatGPT

【用語解説2】

ペルソナ指定

マーケティングやコンテンツ制作において、理想的な顧客や読者の架空のプロフィールを作成すること。通常プロフィールは、実際のデータや市場調査に基づいて作られ、そのターゲットが持つ特定の特徴や行動パターンを反映します。ペルソナを指定する目的は、よりターゲットに合った製品やサービス、コンテンツを提供するためです。

日本国内向けも、近年、AIツールが数多く登場しています。こちらも有名な物などを抜粋しています。全体の特徴としては、日本のAIツールはほとんど、ChatGPT搭載という所でしょうか。海外のものだと、独自AI搭載や他言語モデル、ChatGPTと複数のモデルを共存させているツールなどもあって、搭載AIも分散傾向にあります。

きりんツールの基本:その主な特徴

  1. キーワードリサーチ機能: 記事にしたいキーワードを入力することで、検索エンジンでの競合や検索ボリュームを判別。これにより、効率的な記事作成ができる。
  2. テキスト自動生成・自動投稿: ChatGPTを搭載、お手持ちのwordpressブログと連携して、記事作成から投稿までを自動化することが可能。
  3. 自動アフィリエイト機能: アフィリエイトリンクを含む記事も自動で生成。
  4. 無限記事作成機能: ChatGPTのAPIアクセスを利用し、記事を一括作成。(※ OpenAIのAPI使用料が別途かかります。)

どの機能も大変素晴らしいと思いますが、今回使ってみて大きいと思ったのは、自動投稿機能などでしょうか。

AIブログ運用ツールを使ってみるにあたって、他社のツールも出来うる限り調べてみましたが、AIライティングツールはたくさんありますが、自動投稿機能があるツールとなると数がかなり絞られますので、実際、強みの一つと言えそうです。

ただ、間違った情報を記載する可能性も当然あるので、そこの点をどう判断するかではないかとおもいます。

以下、各項目の特徴の詳細や、実際の使用感などを記載します。

キーワードリサーチ機能

予め、詳細な使い方などは、きりんツールの本サイトや、あべむつき氏のラッキーマインch.などが詳しいので、そちらをご覧ください。

ここでは、使ってみた個人の感想を書いています。

キーワードリサーチ機能画面

キーワードリサーチ機能は、キーワード、第二キーワードを指定すると、記事を書くのに適した内容か判定してくれます。

注意点は、スペースや、アンダーバーなどを入力すると、エラーが出やすい事でしょうか。例えば、キーワード入力で【漫画 鬼滅の刃】など、区切りでスペース入力すると、よく検索エラーが出ます。区切る場合は、なるべく句読点やカンマなどで区切ってください。

また、キーワードリサーチは大変便利ですが、短時間に、大量にリサーチを実行しようとすると、ビジーエラーが発生します。

原因はおそらく、裏で動くChatGPTの問題です。本家ChatGPTにも、 GPT-4は3時間に50メッセージまでという制限があります。その場合、一定の時間(数時間)を置くことで解決します。

それと根本的な話ですが、きりんツールのAPIアクセスでは、ChatGPTのウェブブラウジング機能などは使えません。なので、ChatGPTのデータ更新が止まった、2021年9月以降の最新の情報には対応できません。【※2023年、記事執筆時】

今後は、最近発表されたGPT-4 Turbo導入などもあるかもしれませんが、最新の時事ネタなどを扱う場合には、適宜記事修正などを施して、使用する必要があります。

テキスト自動生成・自動投稿

基本的には最初の設定をしておきさえすれば、キーワードリサーチからの流れで、記事作成・投稿までが自動で完結します。

投稿を自動化したくない場合は、下書き保存にも設定可能です。

それで、気になる作成文字数ですが、おおよそ1回の生成で800〜1000字くらいとなっています。

キーワードリサーチからの記事作成で、API利用料などはかからないので、無料のChatGPT3.5相当になります。以下、作成の記事例です。

“1975年5月5日生まれの有名人: 彼らが世界を変えた方法”

1975年5月5日生まれの有名人たち

こんにちは、皆さん。今日は特別な日、1975年5月5日生まれの有名人たちについてお話ししましょう。この日生まれの人々は、私たちの世界に大きな影響を与えてきました。それでは、一緒に彼らの功績を見ていきましょう。

デビッド・ベッカム: サッカー界のアイコン

まず最初に紹介するのは、デビッド・ベッカムです。彼は、サッカー界のアイコンとして知られ、そのプレースタイルとファッションセンスで世界中に影響を与えました。彼のフリーキックは「ベンド・イット・ライク・ベッカム」と称され、彼の名前は今やサッカーのシンボルとなっています。

エノ・リエケ: デジタルアートのパイオニア

次に紹介するのは、エノ・リエケです。彼はデジタルアートのパイオニアとして知られ、その革新的な作品で世界中のアーティストに影響を与えました。彼の作品は、デジタル技術を用いてアートを新たな次元に引き上げ、現代アートの新たな可能性を示しました。

タマラ・メロ: テレビ界のスター

次に紹介するのは、タマラ・メロです。彼女はスペインのテレビ界で活躍し、その演技力と魅力で多くの視聴者を魅了しました。彼女の出演するドラマは、スペインだけでなく世界中で人気を博し、彼女の名前は今やテレビ界のスターとして知られています。

クリス・ブラウン: 音楽界の革新者

最後に紹介するのは、クリス・ブラウンです。彼は音楽界で活躍し、その才能と独自のスタイルで多くのファンを獲得しました。彼の音楽は、R&B、ポップ、ヒップホップなど、様々なジャンルに影響を与え、彼の名前は今や音楽界の革新者として知られています。 以上、1975年5月5日生まれの有名人たちを紹介しました。彼らはそれぞれの分野で素晴らしい功績を残し、私たちの世界に大きな影響を与えてきました。彼らの物語は、私たちにとって大きなインスピレーションとなり、これからも私たちの心に残ることでしょう。

自動アフィリエイト機能

きりんツールには、自動アフィリエイト機能があり、最初から、きりんツールのアフィリエイトが出来るように設定されています。

ダッシュボードから、自身のプロフィール名をクリックすると、オプション設定がプルダウンし、アフィリエイトの設定が出来るようになっています。

機能設定画面を開くと、あらかじめ、下記のようなきりんツールのアフィリエイトテンプレートが設定されていますので、自分のアフィリエイトIDなどを取得・設定するだけで済みます。実際の詳しい設定の仕方はきりんツールサイトで確認してください。

この記事は<a href="{%affiliate_url%}">きりんツール</a>のAIによる自動生成機能で作成されました

では、楽天やAmazonなど、他のアフィリエイトはどうか?というと、同様に、アフィリエイトタグを設定する事で自動化できます。

ただし、自動化できるのは、あくまでも記事本文末尾のアフィリエイトのみで、本文中や、本文冒頭のアフィリエイトは自動設定出来ません。

必要に応じて、アフィリエイト機能も調整して使う必要があります。

無限記事作成機能

この機能は、2023年9月から追加された機能です。

簡単に説明すると、キーワードリサーチ機能を省いて、とにかく記事を多く作成するという機能になります。

この機能を使用する場合、ChatGPTのAPIキーを取得する必要があります。

APIキーの取得方法や設定方法は、きりんツールサイトで説明があります。ここでは、その他の注意点などを解説します。

  • まず、OpenAIに登録済みであれば、APIプラットフォームにログインしてください。productページの上部メニューにあるAPI → Docs↗でも、Log in↗からでもAPIプラットフォームにログインできます。もし、未登録であれば、アカウント登録する必要があります。
  • APIプラットフォームにログインしたら、一番左のサイドバーの錠前マークが、APIキーの取得メニューです。ただし、APIキーだけ取得しても無限記事作成機能は使えません。同時に、APIキーの使用料支払い方法も登録してください。同じく、一番左のサイドバーの錠前マークの3コ下に歯車マーク(Settings)メニューがあるので、その中の請求(Billing)メニューから、上部メニューに支払い方法(Payment metods)がありますので、そこから登録ができます。
APIプラットフォーム
APIプラットフォーム画面

APIキーの使用料支払い方法に使えるのは、クレジットカードのみです。【※2023年、記事執筆時】

もしクレジットカードを持っていない場合は、作成するか、プリペイドカードや、審査が比較的簡単な後払いアプリ【例:ペイディバンドルカードメルペイ】などで、バーチャルカードを利用するなど、カードを用意する必要があります。

プリペイドカードを利用する場合は、使い切りでなくチャージ型でないと、再度登録する手間がかかります。

審査などが簡潔に作れるカードの例では
・後払いアプリ【例:Kyashなど】
デポジット型(保証金預け)クレジットカード【例:Nexus Cardなど】
プリペイドカードで毎回チャージするのが手間な場合は、これらが便利です。

クレジットカードを新規発行するなら、ハピタスなどのポイントサイト経由で登録して、ポイントをさらに貰っておく事もお忘れなく。

API使用料の課金の設定には、使用料上限設定や、自動チャージ機能もあります。

気になる作成文字数ですが、GPT-3.5 Turboを使用のようなので、おおよそ1回の生成で2000〜4000字くらいと、通常のキーワードリサーチからの作成よりは、記事ボリュームは多くなります。【※2023年、記事執筆時】

12月22日追記
あべむつき氏のYouTubeチャンネルで、12月14日に、きりんツールの大幅アップデートが告知されていました。その中で告知されていたのは

  • OpenAIのAPIを利用して、画像生成AIのDALL·Eを使い、記事作成時に自動でサムネイル画像(アイキャッチ)を作成・記事に設定
  • GPT-4を使用して、記事ボリューム(文字数)の増加

告知後、きりんツールを利用してみましたが、無限記事作成機能でサムネイル画像(アイキャッチ)が自動で作成されるようになっていました。ただし、キーワードリサーチからの記事作成からはサムネイル画像(アイキャッチ)は作成されません。

次に、記事ボリューム(文字数)の増加ですが、無限記事作成機能キーワードリサーチからの記事作成でも、以前と比較してもあまり変わりありませんでした。ただ、もしかしたら下限の幅が変わったかな?という感じです。

具体的には、以前は書く内容によっては、AIが苦手なジャンルかもしれないですが、2000字以下の記事もよく見かけましたが、アップデート後は、2000字以下の記事が減ったように感じます。

動画の中で言われていますが、無限記事作成機能で4000字前後を設定しているということですが、書くジャンル・内容によって増減するそうです。

私見ですが、書くジャンルの掘り下げやすさ・ネット上の情報量などで、書けるボリュームは変わるように感じます。体感ですが、平均すると2500~3000字くらいの記事が多いように感じますね。

使用料の事例としては、2記事作成・約5600字(※1記事2800字ほど)でAPI使用料0.81$でした。1文字あたり、0.0001446$程となります。【※2023年12月、記事執筆時、あくまで私個人の使用した事例です】

APIプラットフォーム請求
APIプラットフォーム課金設定画面 ※$10チャージ後API使用

きりんツール:利用プランについて

  • ライトプラン: 月額2,980円(税込)で、1日10回までの記事生成が可能。キーワードリサーチ・自動アフィリエイト機能が利用可能。【※2023年9月現在、新規受付中止
  • ゴールドプラン: 初月19,800円(税込)【2023年11月現在は29,800円】、2ヶ月目以降は9,800円(税込)。1日100回の記事生成や、キーワードリサーチ・自動アフィリエイト機能・記事の自動投稿など、さらに充実した機能を利用できます。

ライトプランがお手頃で、お試しするには丁度いいかな?と思いましたが、残念ながら新規受付中止になっていました。

ただ、ゴールドプランでないと記事の自動投稿機能が使えないという事と、また、新規にブログを始める人のためにWordPress、ドメイン設定済みサーバーを無料でプレゼントしていることや、講師によるZOOM指導もあるので、これからブログを始める人にはゴールドプランがおススメかもしれませんね。

<strong>野生のきりん</strong>
野生のきりん

ライトプランは注文受付が殺到して、対応が追い付かなくなり受付を停止しているそうです。販売再開の目途は立っていない状況との事でした。

ライトプランは、他ツールと比較しても、かなり割安かなと思いました。
また、この記事を最初に公開した当初から比べて、ゴールドプランが値上がりしていました。【※2023年11月現在、記事執筆時】

無料プレゼントのドメイン設定済みサーバーなども、1年間無料で使え(※1年後はサーバー使用料年間3000円負担)、さらにブログとしての必要な初期設定、自動投稿に必要なプラグイン等の導入も全部、運営が設定して渡してくれるので、これが無料付帯というのも当初の金額からして人件費などのコストを考えると、相当割安だったのかもしれません。

12月22日追記

あべむつき氏のYouTubeチャンネルで、12月14日に公開された動画で、きりんツールのさらなる値上げが示唆されていました。

理由としては、反響が高く、まだ割安感がある事などが挙げられていました。

きりんツール:FAQ

Q
スマホだけで出来ますか?
A

スマホだけでも可能との事、ただ現実的に考えると、編集作業などする場合は効率的にパソコンが推奨されます。

Q
すでにブログをやっていますが、連携できますか?
A

もちろんすでに運用中のブログとも連携できます。

Q
きりんツールの使用を止める場合は?
A

インフォトップの月額商品(自動更新)なので、インフォトップのサイト上で更新停止することができます。

AIツール:まとめ

AIライティングツールは、ブログ運用を効率的に行いたいユーザーにおすすめのツールかとおもいます。特に記事の自動作成・投稿機能などが、時間の限られてる方にはありがたい機能だとおもいました。

個人的には、試しに使ってみたいという場合は、Freeプランのある、AIブログくんSAKUBUNなどが良いのではないかと感じました。

これからAIライティングツール使用を検討されている方の、参考になれば幸いです。

【広告】





コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました